内視鏡について

より人にやさしい内視鏡医療を追求する

内視鏡の歴史

内視鏡画像オリンパスの内視鏡の歴史は、1952年に世界で初めて実用化したガストロカメラ「GT-I」の発売に始まります。人体内を直接撮影することができればガンを早期発見できる・・・そのための小さなカメラを作ることはできないものかと、あるドクターが当社に話を持ちかけたことが開発のきっかけでした。

その後、内視鏡は飛躍的な進化を遂げ医療の現場に広く普及し、以前は開腹手術を行わざるを得なかったものでも今では内視鏡的処置や内視鏡下外科手術に移行し、患者さまの負担を大幅に低減する低侵襲医療が普及しています。

内視鏡各部の名称と機能および処置具の使用例

内視鏡各部の名称と機能および処置具の使用例 画像を拡大する

内視鏡各部の名称と機能および処置具の使用例 画像を拡大する