社長メッセージ

患者さまの笑顔のために人にやさしい内視鏡医療を追求


青森オリンパス株式会社
代表取締役社長 土野 雅道

青森オリンパスの医療事業は、がんなどの病気の「早期診断」と、手術・処置に伴う負荷を軽減する「低侵襲治療」の実現に貢献しています。消化器や気管支、泌尿器など身体の中を隅々まで観察できる内視鏡は、処置具と呼ばれる器具と併用することで、観察だけではなく、処置や治療の役割も果たすようになりました。

オリンパスグループで製造する消化器内視鏡は世界シェア7割。青森オリンパスは、その内視鏡を用いた処置や治療に不可欠な処置具製品や、外科手術用エネルギーデバイスをつくっています。「全ては患者さまの笑顔のために」というスローガンのもと、製品開発プロセスにおける、基本設計から製品設計、生産技術、製造までを担っています。新製品をスピーディーに市場投入するため、東京・八王子にあるオリンパスの開発部門と協力して新製品の立ち上げを行っています。私たちは責任を持って業務にあたり、患者さまの身体への負担を考えながら、製品開発・製造を行っています。医師のニーズに応える製品開発力と最先端技術力によって、人にやさしい医療を世界中にお届けします。

代表取締役社長 土野 雅道